富山県高岡市の「足の痛み」。外反母趾,浮き指,扁平足は、足の痛み,膝痛,腰痛,肩こり,自律神経失調の主原因。正しい歩き方,骨盤矯正,O脚矯正,フットケア全身整体の接骨院です。

プロフィール

  ご挨拶

当院は、人口わずか6,000人の「中田かかし祭り」で有名な、富山県高岡市の田舎町にある接骨院です。
石川県・福井県・岐阜県・新潟県などからも多数、足やからだの悩みを抱えた方々が来院されています。
カサハラ式のフットケアあんしん全身整体は、からだの土台である足裏の「歪み・アンバランス」を整えると同時に、全身も整える整体を行います。

資格一覧

・柔道整復師(国家資格)
・機能訓練指導員(有国家資格者)
・柔道5段

・(公社)富山県柔道整復師会会員 <常務理事>
・日本柔道整復 接骨医学会会員 <認定柔道整復師>
・(公社)日本柔道整復師会会員
・北信越柔整専門学校 富山県北光同窓会 <会長>
・介護予防 機能訓練指導員 (公社)日整・認定柔道整復師
・介護予防 運動指導員 (地独行法〉 東京都健康長寿医療センター
・柔整整膚師 <師範>
・AED指導者 <一般市民の一次心肺蘇生法/北陸救急災害医療機構>
・サプリメント管理士 (財)生涯学習開発財団 (特非営)新生活普及協会
・痛み解消医学協会会員
・「JRC関節可動回復矯正法」超実戦プログラムフォローアップ特別セミナー受講

・カイロプラクター(神戸:冨金原カイロプラクティック学院11期生)
・(社)過労性構造体医学研究会 フットケアポディスト認定(カサハラ式整体・公認講師)
・富山カルチャーセンター講師(株式会社カルチャー:カサハラ式フットケア整体公認講師)

介護予防事業のまとめ役

  

高岡市柔道整復師会の予防介護グループの纏め役として、高岡市内10包括支援センター圏域にて、平成23年度8ヵ所、24年度12ヵ所、25年度20ヵ所で、年間を通じて運動教育を開催するにまでに至った。

北信越学会にて発表

平成23年6月18日、第23回(社)日本柔道整復師会 北信越学会 新潟大会で、アキレス腱断裂の保存的歩行療法について研究論文を発表。
また、北信越5県で代表1名の実技発表も行った。

学会発表・座長

平成22年、日本接骨医学会(富山開催)において、アキレス腱断裂の保存的歩行療法について研究論文を発表。
(手術はしなくても良く、すねの上部~足先までを固定し、初日から歩くことができるので、経過が良く、治りも早く、入院の必要もありません。通院でOK)

プロジェクト論文掲載

平成20年、日本柔道整復接骨医学会発行の論文報告誌Vol.17No.1 2008に「小児の下腿骨骨幹部骨折の徒手整復と固定法」が掲載される。
クリックで拡大表示

プロジェクト論文掲載

平成20年、一昨年度に提出した論文は、(社)日本柔道整復師会を始めとした業界に於いて、最も重要な事業として位置づけされた「柔道整復学構築プロジェクト」の完成報告集(柔道整復学・943P)に掲載される。(22ページに亘る) 。
クリックで拡大表示 クリックで拡大表示

学会発表・座長

平成19年、日本柔道整復接骨医学会(北海道開催)に於いて、「小児の下腿骨骨幹部骨折の徒手整復と固定法」について研究論文を発表。また、他の会員発表の座長も務める。同年、富山県接骨学術研修会でも発表 。

資格

平成19年、(社)日本柔道整復師会の機能訓練指導員・認定柔道整復師となる。

プロジェクト論文提出

平成18年、富山臨床接骨学研究会では「小児の下腿骨骨幹部骨折の徒手整復と固定法および後療法」について、過去30年間の研究を纏め学術論文として完成させ、(社)日本柔道整復師会が行う「柔道整復学の構築プロジェクト」に提出する。

資格

平成18年、(財)東京都高齢者研究・福祉振興財団の介護予防運動指導員となる。

学会発表

平成15年、日本柔道整復接骨医学会(東京都開催)に於いて、整膚治療に関係した研究では日本で初めての論文として発表「骨折治療に整膚の応用」。同年、富山県接骨学術研究会でも発表。

接骨医学会認定

平成4年、日本柔道整復接骨医学会の認定柔道整復師となり現在も継続中。

 

PAGETOP
Copyright © 島田接骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.